ブランド品を買い取ってもらえない理由

中古買取店に持ち込んだブランド品が買い取ってもらえないとき、そこには様々な原因があると考えられます。

ブランド品の偽物やコピー品が買い取ってもらえないのはもちろんのことですが、その他にも買い取る店舗によって個別に査定基準が設けられています。

基準に必要なものが揃っていなければ、たとえ本物だとしても買い取れない場合があります。

製品の内側に記された刻印、シリアルナンバーの表記、販売証明書の有無、ギャランティの欠品などの要項が揃っていなければ買い取ってもらえないという店舗もあるのです。

特に刻印については判定が厳しい業者が多く、記された刻印の微妙な違いによって買い取りが左右されることがあります。

しかし刻印は、製品が作られた年代や工場によって違うことが多々あるので、これらの判断は店舗側に委ねるしかありません。

同じく店舗の基準によってギャランティ及び販売証明書が必要となる為、買い取る際にはこれらを持参する必要があるのです。

しかし、新品のブランド品を取り扱っている店舗、特に値段を安く設定して販売している店舗は海外から輸入していることが多い為、それらの商品にはギャランティの欠品や証明書がついていないことが多いのです。

その店舗で購入したブランド品を買い取ってもらおうとすると、ギャランティや証明書がないために買取不可となってしまいます。

また、シリアルナンバーの表記についてもいろいろなトラブルがあります。

主な原因はナンバーが表記されていなかったり、ナンバーが擦れて判別できないことが挙げられます。

シリアルナンバーはきちんとした査定をする為に必要なので、ナンバーは必須といえます。